青髭の原因は皮膚の深い部分から生えている剃れないヒゲの密度の濃さ!

青髭の原因

HOME青髭の原因

青髭の原因は皮下深くから生える剃れないヒゲ。

うっすらとヒゲをそったところが、肌色との違いがはっきりするほど青くなる…
いわゆる青ひげと呼ばれる状態は、隠すこともできない厄介な存在。
青ひげができてしまう原因は、皮膚の下の深くから生えるヒゲにあります。髭の生えている深さは頭皮や体毛と比べようのないくらい深い部分から生えており、皮膚の表面から5~7㎜も深くから生えている髭もあります。

丁寧に剃れば青ひげにならないといったものではなく、丁寧に剃っても青ひげはできてしまいます。
なぜなら、どんなに深く剃ったとしても毛根までは取り除くことはできないので、 皮膚の表面下にヒゲが残り、その残ったヒゲが皮膚を通して青く見えるのです。 これが、青ひげの正体です。

とはいえ、誰もが青ひげになるわけではありません。 青ひげになってしまう人というのは、ヒゲが濃くて太い立派な人。 太いヒゲは剃った後の面積が大きいので、皮膚を通して見えてしまうのです。
例えるなら、切株のような感じ。

皮膚表面に生えていない毛は剃れないため、青髭を解消するには、毛の奥のヒゲを生えてこなくするしかありません。それが原因に対する根本的な改善となります。

肌色の違いで青ヒゲの目立ち度が違う

ヒゲが濃くて太い人でも、青ひげにならない人もいます。そうした人は、たいてい肌色が濃くなっています。 つまり、肌が白いと目立ちやすくなるのです。
肌が黒い人は、肌の色がヒゲの色と同化してしまい、濃くてもあまり目立ちません。
ところが、白い肌では黒いヒゲが目立つようになり…結果として青ひげになってしまうのです。

青ひげをなんとか軽減しようとより深剃りをしてしまう人がいますが、これはまったくの逆効果。
肌を傷つけてしまうだけでなく、ダメージから赤くなり、青ひげ以上に目立ってしまうのです。
まさに、負のスパイラルです。

では、青ひげをごまかすために日焼けをすればいいのか…というと、これもまた違います。
日焼けは、少なからず肌にダメージを与えます。
白い肌に紫外線をたっぷりと浴びさせて黒く焼こうとする行為は、肌にとっては良いものではないのです。
しかも、肌は受けたダメージを蓄積させるので、その時は大丈夫でも、何年か後になってシミやニキビの原因となります。特にニキビ肌の人は、カミソリでニキビをつぶしてしまい、肌のダメージがさらにひどくなる傾向にあります。

ニキビはつぶしてしまうと肌がでこぼこになり、それこそ治療がかなり難しいでこぼこ肌になります。ニキビ跡でできた凸凹は肌の真皮にまでダメージがあるため、ちょっとやそっとのことでは治りません。

青髭に悩んで、さらにニキビにも悩む羽目になっている人は真剣に若いうちに医療脱毛をお勧めします。

 

青髭向けクリニックランキング

総合費用最安値!
Dr.COBA銀座・名古屋
ドクターコバ
ドクターコバ 公式サイトへ
通いやすさが一番
湘南美容外科
湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック 公式サイトへ
痛みが気になるなら
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック 公式サイトへ
青髭対策これ知ってる?
青髭の原因は?
青髭を解消するには?
剃刀負けは肌荒れの原因に?
青髭のカミソリ負け対策
青髭にヒゲ脱毛クリームって効くの?
青髭はエステとクリニックどちらがいい?
青髭にオロナイン
芸能人の青髭対策