青髭のカミソリ負け対策には保湿を重視!髭剃り前後の正しいケア

青髭のカミソリ負け対策には保湿を重視!髭剃り前後の正しいケア

HOME青髭対策これ知ってる?>青髭のカミソリ負け対策

剃刀負けには保湿を!髭剃り前後の正しいケア

カミソリ負けを予防するには、お肌のケアが必須となります。
一度カミソリ負けを起こすと、治らないうちにひどくしてしまったりと悪循環になりがちですから、最低限の予防策は施しておかないといけません。つまりは、肌のケアと保湿です。

髭剃り前と後のケアは必須で、ヒゲ剃りをする前には蒸タオルをあてて毛穴を柔らかく開かせます。
そして、そのままの状態で剃るのではなく、シェーピング等をつかつてカミソリの刃を滑りやすく、さらに肌を保護します。

まぁ、蒸しタオルとか当てるなんてまずないんですけどね!ただ、石鹸とかつかって滑りをよくすること、シャワーの熱いお湯でヒゲ剃りしないことは大事です。肌の水分が蒸発するばかりで乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌になる=オイリー肌にもなります。肌は乾燥を防ぐために油をだすので。

というわけで、ヒゲ剃りは水かぬるま湯を使う。あとは保湿を化粧水とクリームもしくはオイルでするのがいいですね。彼女や嫁の化粧水とかうっかり使うと高いしろものだったりする恐れがあるのでケンカの原因となります。気を付けましょう。

ヒゲ剃り時のタオルとカミソリは清潔に

髭剃りに必要なタオルやカミソリは、常に清潔な状態にしておくのが、カミソリ負けを予防するコツ。
髭剃りの後に使うタオルは、何度も顔や手を拭いたものはNG。
使用済みのタオルには水分だけでなく人の皮脂や汚れなどが付いており、それをエサに雑菌がどんどん増えていっています。

そんなタオルを使うことは、わざわざダメージを受けてバリアー機能が弱まったところに雑菌をいれるようなもの。ニキビの原因となります。

髭剃りの際には、かならず洗濯した清潔なタオルを使うように。
また、カミソリの刃は消耗品であるだけでなく、肌に直接つけるので古い状態のものはNGです。
刃こぼれなどがみられるようになったら、すぐに新しいのと交換します。

そして、カミソリの肌への当てかたも大事で、毛の流れる方向に沿って刃を当てるようにすると肌への負担も軽減されます。
逆に、逆剃りと呼ばれるような、毛の流れと反対方向に剃るのは肌への負担が大きくなり、埋没毛などの原因にもなりますので控えるようにします。
さらに、カミソリはなるべく肌にあたる回数が少ない方がいいですから、あまりしつこく何度も当てるのはやめておきたいものです。
もちろん、シェーピングも肌にあったものを選ぶようにします。

カミソリ負けを軽減する電気シェーバー

カミソリ負けを予防する意味では、ラムダッシュのような電気シェーバーもありです。

電気シェーバーはヒゲを引き込んで切る仕組みで、刃が肌に直接触れるのを軽減してくれます。
さらにシェーピングも使ってウェットシェーピングすれば、さらにカミソリ負けの予防力がアップします。

ただ、青髭の場合、結局はこのカミソリのシェーバーも買い替えたり、カミソリ負けで悩むよりかは医療レーザー脱毛をしてしまったほうが、結果的に肌にやさしいです。

今は痛みが少ない医療脱毛もあるので、カミソリ負けに悩むくらいなら、カミソリ負けしやすい部位だけでも永久脱毛をしてしまったほうが効率がいいです。

 

青髭向けクリニックランキング

総合費用最安値!
Dr.COBA銀座・名古屋
ドクターコバ
ドクターコバ 公式サイトへ
通いやすさが一番
湘南美容外科
湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック 公式サイトへ
痛みが気になるなら
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック 公式サイトへ
青髭対策これ知ってる?
青髭の原因は?
青髭を解消するには?
剃刀負けは肌荒れの原因に?
青髭のカミソリ負け対策
青髭にヒゲ脱毛クリームって効くの?
青髭はエステとクリニックどちらがいい?
青髭にオロナイン
芸能人の青髭対策